ケアマネジャー(介護支援専門員)はどんな人が多い?

今回は在宅のケアマネジャーが実際の介護生活においてどんなことしてくれるのかを現場のいる立場から分かりやすく紹介します

多くの方が人生において介護を受けたり、介護する側になったりする可能性があります。ケアマネジャーは介護保険に欠かせない存在です。事前に知っておくことで人生の備えになりますので、読んでいただけると嬉しいです

ケアマネジャー(介護支援専門員)はどんな人が多い

ケアマネジャーは女性が多く介護現場からのステップアップが多い

厚生労働省ホームページが集計しているデータは以下の通りです

女性8割弱

40代から50代の年齢層が8割

〇正職員扱いが約9割

介護福祉士(介護の国家資格)保有者が7割

担当件数20人から40人未満が多く、ばらつきがある

〇担当は寝たきりの方より介護度が軽め(5段階中1、2)の方が多い

〇デイサービスかヘルパー事業所の隣にあるケアマネジャーの事務所が7割

「厚生労働省ホームページ」平成30年居宅介護支援事業所及び介護支援専門員の業務等の実態に関する調査研究事業より改変 URL:https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000500278.pdf

現場で感じるケアマネジャーの実際の印象は

女性の割合が多く、サービス事業所においても女性割合は多く、女性が活躍できる業種であることは間違いないです

年齢層については、ケアマネジャーは介護・医療現場の経験が必要なため、20代ケアマネはほとんどいないです。

相談を受ける中で相談者の価値観やキャラクター等も様々です。コミュニケーション能力が問われることや家事行為等の生活感も大事なため、それなりの社会経験がないと相談援助は難しいです

介護福祉士の割合は年々、本当に増えています。介護現場からのステップアップでケアマネジャーになる方が多いです。新人の看護師のケアマネジャーは本当に少なくなっています

介護度1や2の方の割合が多いのは単純に認定者の割合の問題だと思います。

ケアマネジャーは事務所に所属しますが、施設や病院に併設のケアマネジャーは6人から9人体制の事務所もあります

逆に1人でケアマネジャー事務所を独立して行っている方もいたりします。一番多くのは2~4人の事務所のような気がします(管理者の勤務地域の話です)

よく車で走っていて看板があるような施設、病院はネームバリューがあり、相談を受ける件数も多いと思います。その辺りが担当件数がばらつく理由かもしれません

まとめ

相談者の人生の一部に登場する重要人物

ケアマネジャーは介護保険を利用する方の傍に寄り添って、その方に人生を物語とすると、人生の最終章の登場人物になります

介護が必要になったとしても主人公である利用者の方やその家族によってよい物語になるのが理想ですが、現実は大変な面も多くあります

訪問時の会話ネタの一つになればと思い書いてみました。