【どんな感じ?】有料老人ホームの種類や数、終身対応の状況について

有料老人ホームといって色々種類があり、実は少し分かりづらい所があります

今回は有料老人ホームの種類について説明したいと思います

また、近年、有料老人ホームの施設数が増えていることや平均の介護度、終身施設として対応できるか等も紹介していきます

高齢者向け住まいの種類

自宅生活が難しくなった場合に入所する施設としては、

等があります

  • 介護保険施設(介護保険を利用して入所できる施設)「特別養護老人ホーム」や「介護老人保健施設」等
  • 有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者住宅
  • 養護老人ホーム
  • 小規模多機能型居宅介護(別記事でまとめる予定です)
  • 認知症対応型共同生活介護
  • ケアハウス

今回は「有料老人ホーム」「サービス付き高齢者住宅」について中心に説明したいと思います

大きく分けて2つのタイプの有料老人ホーム

有料老人ホームは大きく分けて2つのタイプに分けることができます

  1. 介護付き有料老人ホーム
  2. 住宅型有料老人ホーム

の二つです

①介護付き有料老人ホーム

特徴としては、

  • 介護保険サービス(日常生活上の世話、機能訓練、療養上の世話)をホームが直接提供
  • 料金はホームに包括単位で支払い(負担割合に応じて)
  • 人員基準が設けられている(要介護者:看護・介護職員=3:1等)

介護保険を使い、ホームの職員の介護を受け、人員などのルールも決まっているので、公的な介護保険施設に似た施設のタイプです

原則65歳以上の方が対象で介護度1以上の方から入れる施設もあれば、要支援、自立でも入れる「混合型」と呼ばれるタイプもあります

介護付き有料老人ホームは3大都市部で数が急速に増えています

介護認定については以下の記事を書いています

②住宅型有料老人ホーム

特徴としては、

  • 介護保険サービスはホーム外の外部のサービスと契約して利用
  • 介護費用はサービス利用に応じ、外部のサービスに支払い
  • 人員基準は介護サービスの安定的な提供に支障がない職員体制と指針がある程度

施設という住まいに対して対価を払い、自宅と同じ様に近くのデイサービス等を利用することができます

外部のサービスが使えるという事は、ケアマネと相談し利用する方に合った事業所を選ぶことができる点は大きなメリットです

基本は食事サービスと緊急時に対応といった日常的な生活支援が主となり、スタッフの介護は受けられないことには注意が必要です

元気な内から入れますが、施設によっては介護度1以上の方を対象にしている場合もあります

高齢者向けサービス付き賃貸住宅とは

出典:厚生労働省ホームページ 第179回(R2.7.8) 社保審-介護給付費分科会 特定施設入居者生活介護より一部抜粋、加工 URL:https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000648154.pdf

サービス付き高齢者向け住宅

もう一つ似たタイプの住宅があります

見た目が有料老人ホームとほぼ変わらない場合も多い、サービス付き高齢者向け住宅です

特徴としては、

  • 介護保険サービスはホーム外の外部のサービスと契約して利用
  • 介護費用はサービス利用に応じ、外部のサービスに支払い
  • 少なくとも日中常駐し、「見守りサービス」や「生活相談サービス」を提供

ポイントは見守りのあるバリアフリー賃貸住宅という点です

元気な内から住み替えができる点はメリットです

サービス高齢者向け住宅も実はほぼ有料老人ホームに該当

出典:厚生労働省ホームページ 第179回(R2.7.8) 社保審-介護給付費分科会 特定施設入居者生活介護より一部抜粋、加工 URL:https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000648154.pdf

上の図は先ほどの3つの施設と住宅の割合を示した図です

  • サービス付き高齢者住宅の97%が食事を提供しているため、大部分が有料老人ホームにも該当
  • 住宅有料老人ホームの方が介護付き有料老人ホームより2倍近く多い

ということが分かります

高齢者向け施設はどこが多いか

出典:厚生労働省ホームページ 第179回(R2.7.8) 社保審-介護給付費分科会 特定施設入居者生活介護より一部抜粋、加工 URL:https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000648154.pdf

有料老人ホームの数は右肩上がり

上の図は施設数の推移のグラフです

オレンジ色の有料老人ホームは平成15年ごろは一番少ない施設数でしたが、令和元年度には一番多い施設数となっています

サービス付き高齢者住宅は別で集計しているため、サービス付き高齢者住宅の97%が有料老人ホームに該当することからサービス付き高齢者住宅の施設数を足すとダントツで多い数になります

有料老人ホームは終身まで対応してもらえるか

出典:厚生労働省ホームページ 第179回(R2.7.8) 社保審-介護給付費分科会 特定施設入居者生活介護より一部抜粋、加工 URL:https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000648154.pdf

介護付き有料老人ホームは介護度が重くなっても対応可

上の円グラフはホームの職員が直接介護を行う介護付き有料老人ホーム等、特定施設入居者生活介護の指定を取った施設の平均介護度です

介護度3~5(数が高いほど介護が必要な認定)の方が50%以上を占めています

施設において介護が必要となる量が増えても施設で対応してもらえることを表しています

介護付き有料老人ホームは終身施設としても機能している

介護付き有料老人ホームにおいて退去された割合は、入院後死亡された方の割合は22.9%、ホーム内において死亡された方の割合は30.0%となっています

契約終了のうち半数以上が死亡退去であり、終の棲家としての機能を果たしているといえます

住宅型有料老人ホームやサービス高齢者住宅に関しては、施設の職員が直接介護をせず、外部サービスのみのため、状態によっては、施設で対応できない場合もある印象です

利用月額には差がある

厚生労働省の資料では、介護付き有料老人ホームの月別の料金の割合もデータが示されています

  • 平均の月額費用は、約22.7万円
  • 比較的利用月額が安い施設から高級タイプまで色々ある
  • 月30万円以上の施設が一番多い(約3割)
  • 月14万~20万円の施設も3割近くある

特別養護老人ホーム等と比べ、少し高めです

特別養護老人ホームは所得や貯金が少ない方は10万円以下で入所できる場合もあります

まとめ

どう人生を過ごしていきたいか

以上、有料老人ホームの紹介でした

施設の種類は多く、事前準備や見学も一つの選択肢ですが、見た目だけでは分からない面も多くあります

入居一時金が発生し、入所後のトラブルが多いのも有料老人ホームの特徴です

子供に迷惑かけない等、施設を検討する方は多いですが、自宅でもうまく工夫すれば、長く生活できるよう介護保険や医療保険のサービスは整えられています

色んな選択肢を知って、自分で選択していくことが大事ですね

モコのブログでは介護予防や認知症に関する記事も書いています