【運動初心者おすすめ】体操が続かない方でも安心して運動できる動画の紹介

「家で体操してていも、メリハリがなくて続かない」

「教えてもらった体操をいざしようとすると思い出せない」

足腰の弱い方の自宅に訪問するとこんな声をよく聞きます。動画を毎回検索するのは面倒ですし、その内容が高齢の方にとって安全かどうかは微妙です。

また、DVDで同じ動画を毎回見るのも飽きがきてしまいます

今回はそんな飽きが来ている方や安全に運動したい方向けに全国各地の自治体の動画が見れるアプリを紹介します

そもそも運動はした方がよいか

運動や活動には様々なプラスのメリットがある

体を動かすことは病気の予防になる以下のようなメリットがあります。

  • 心臓病や高血圧や糖尿病などの生活習慣病の発症する可能性を減らすことができる
  • 生活習慣病そのものを予防できる
  • 筋力低下の予防になる
  • 前向きな気持ちになりやすく精神面の安定が図れる(気分転換やストレス解消)
  • 腰痛、ひざ痛改善につながる可能性がある
  • 風邪などにかかりづらくなる
  • がんや認知症の予防にもなる
  • 骨粗しょう症の予防になる

よく言われている効果で挙げてみました。まだメリットは他にもあると思います

最近は認知症予防についても運動の効果がとても高いと言われています。認知症になると注意が散漫しがちなため、転倒する可能性も実は高くなります

WHO(世界保健機関)においても運動不足は死因の危険因子の第4位に挙がっており、運動しないことにより、病気になる可能性はデータ上も高いのが実情です

また、日本人は世界の中でも有数の座っている時間が長い国とも言われています

運動の大切さは重要視されている

運動に取り組まない方はそもそも運動に関することに触れることが少なく、元々、運動が苦手です。出不精の方も多いです

以前と比べ、運動や健康関連の番組はとても多くなりましたし、意識を持つと健康情報は得やすくはなっていると思います。

国や県等も健康に対する施策は打っており、職場で働いている現役時代から運動習慣や健康への関心を持つことが重要と言われています。これは世界的な流れであると思います

運動を推進する取り組みも実はここ数年進んでおり、市町村によって独自の取り組みも多くみられます

広報などには載っている場合が多いので、関心を持つことから始めてみてもいいかもしれません

運動だけでも健康にはなれない

運動はメリットがたくさんありますが、運動だけしていれば、病気にかからないわけではありません

定期健診をして早期発見、早期治療を行う、栄養のバランスの取れた食事を心がける、薬を適切に飲む、口の健康も維持する、飲酒、禁煙などを控える等、日々の生活の管理が大事です

人によっては置かれいる環境は様々ですが、運動や栄養、健康管理等、学ぶ意識を自分から持ち、習慣化することで健康でいられる期間を長くする健康寿命を延ばすことができます

以前のように質素倹約ではなく、欲に負けてしまうことが多くある世の中だからこそ、律する気持ちのトレーニングは必要だと思います

市町村によって独自の体操がある

全国の体操動画が見れるアプリが実は開発されている

高齢の方のスマホ保有率は高くなってきています。スマホのメリットは持ち運びができ、携帯性が高いことです

国は全国動画や散歩コースの提案をしてくれるなど運動に関するアプリを開発しています

動画は数も多く、体操だけでなく、口や飲み込みの体操も揃っています

パンフレットからQRコードを読み込むとアプリをダウンロードできます

「厚生労働省ホームーページ」オンライン通いの場アプリ

家でなく、教室などで集まっている友人仲間と体操するなどの活用場面はありそうです

まとめ

今回は運動の重要性と全国の体操動画の紹介をさせていただきました

今後も認知症や介護保険、高齢に関わる制度、生活の工夫など紹介していきたいと思っています

今後ともよろしくお願いいたします